ボーイスカウト横浜第95団は、横浜市緑区のJR鴨居駅を中心として、地元自治会後援のもと、日々、活動を行っています。ぜひ、私達のことを知ってください。そして、仲間になりませんか。
入団に関するご相談、見学のご希望など、随時お受けしております。お気軽にお問い合わせください。

2020年10月5日月曜日

2020/10/04(日)カブ隊/グリーンライン・カブラリー

今日は近隣の団が四季の森公園に集まって、グリーンラインラリーを行いました。

「グリーンライン」は緑区、都筑区、青葉区(旧行政区が緑区だったエリア)にある近隣の8個団が毎年開催しているカブ隊の合同イベントの名前です。初夏にスポーツ大会、秋に野外ラリーが行われます。

体験入団のカブ・ビーバースカウトも一緒に鴨居駅近くの公園で集合、開会セレモニー。

先週、解いた暗号をもとに、公園のポイントにある石碑を6か所探しました。石碑にはまた暗号があり、それを解くと6文字で、一つの言葉になります。



見るからにいわくありげで秘密が隠されていそうな妖しい石碑(地区委員制作)

真剣に観察して謎を解いてます



なぞときゲームの他に、何人と挨拶できるか競争も行いました。ボーイスカウトだけでなく一般の方も多く遊びに来ており、すれ違う度にいっぱい挨拶し合い、70人以上挨拶できました。

ガンバリすぎて疲れたのか、暗号解読で頭を使い過ぎたのか、座ったら寝始めたスカウトたち

ガチ寝に移行

ビーバーさんは、他のビーバー隊に合ったら「ビー!」と叫んで体で「B」の文字をつくり、相手に「バー!」と叫んで「ハ」の字で返してもらうという合言葉ゲームも行いました。
ビーバーの謎解きはカブのよりちょっと簡単で、石碑に隠されたひらがなをさがしました。

6つの石碑に描かれていたひらがなを集めたら「ありがとう」になりました。

途中で「コロナウイルス退散祈願の舞」、もとい、「横浜カラーチームのフラッグ演技披露」も行われました。



動画①

動画②(続き)


95団からもローバーとベンチャーの子が参加しました。ビシッとそろったフラッグは壮観で、拍手喝采でした。

この日のために単身赴任中の仙台からかけつけてくれたリーダーと記念写真


鴨居に帰ってきて、歩いた歩数は1万5千歩!仲間がいると歩けるものですね。みんな(大人も)がんばりました!

公園にトカゲもいたよ!


参加してくれた皆さん、またラリーの企画や準備をしてくださった方々、ありがとうございました!