杉山神社火守り

 平成26年1月1日 0時0分を告げる時報と共に杉山神社社殿前では町会役員さんによるご挨拶と日本酒4斗樽の鏡開きが、初詣を待つ長い行列の皆さんの歓喜の声の中で行われました。
 「年明け」を30分以上寒い中で待っていた善男善女。初詣をすませた方々に御神酒と甘酒を振る舞うのが私たちボーイスカウト横浜95団です。
 20年以上続いているこの地元貢献活動は、ボーイ隊の30kmオーバーナイトハイクとともに95団の年越し2大イベントです。この「杉山神社火守り」と呼ぶ活動は、数日前からの男性リーダやお父さんたちによるかがり火用マキ作りから始まり、神社境内でのテント設営、1月1日早朝5時からの後片付。女性リーダとお母さんたちによる甘酒作りと、当日のご接待と大変な労力をかけ、初詣の方々にかがり火による安心と甘酒による暖かさを提供しています。
 今年は暖かめの年明けだったせいか、例年より多くの参詣者の方々が午前3時近くまでありました。毎年行っている地域貢献活動で地元の鴨居連合自治会や鴨居杉山神社奉賛会の皆様から喜ばれかつ期待されています。大変な労力のかかるイベントではありますが、今後とも団の皆様の支援と協力のもと続けていきたいと思っています。



  

 

 
ページトップへ

BSY95.com MENU



Copyright © BSY95.com All rights reserved.