ビーバー隊 2017年7月22日(土)

 

最近は、毎年、夜間にセミ羽化の観察をしています。

夜に集合して、杉山神社の階段下にある天満宮の大きな木を見に行きます。

今年も、いました!幹や葉っぱに蝉の幼虫が止まって、背中から白い羽根をのぞかせています。

茶色い幼虫の殻の背中が割れて、白いからだが見えてきます。身体を逆さまにのけぞるようにして殻から出てきます。

身体が出ると、足でしっかりつかまってじーっとしています。

風で枝葉が揺れるので、落ちやしないかとドキドキします。

スカウトたちは「落ちないようにしっかりつかまれー」「がんばれー」と声援を送っていました。

時間がたつにつれて、丸まった小さい羽根が次第にピンと伸びてきます。

更に時間がたつと体が茶色く、羽根は透き通ってきて、みんながいつも見ているセミになります。

背中が割れてから羽根が伸びきるところまで2時間程度で観察できます。

 

この日は、観察の合間に紙筒ランプシェードの工作と、花火をしました。



  

 

 
ページトップへ

BSY95.com MENU



Copyright © BSY95.com All rights reserved.